• light-purple5

真夜中ですが…

最終更新: 3月18日



1974年以降合計特殊出生率が人口置換水準を下回る状態となり、1990年のバブル崩壊、そして1.57ショックからの日本は人口減少社会を経験することとなりました。



THE BLUE HEARTSが流行したのは1990年代初頭であり、当時の悲観的情勢を吹き飛ばすエネルギーとパワーを与える存在であったことを覚えています。

 

1990年当時からすれば、約30年が経ったでしょうか。



あの頃流行ったブルーハーツすら過去になってしまったようで、今年になってから連日のようにコロナに連鎖する暗いニュースばかりで停滞感と閉塞感ばかりです。



日本への入国は厳格化され労働力は低下しており、これでは高齢社会と人口減少社会を論じることは後回しです。社会全体が信じがたい悲観的情勢に陥り、いつまでこの情勢が続いていくのでしょうか?

 


夜が明けない日など無いように、今日がまだ真夜中だとしても、その兆しは徐々に現れてくるはずです。



これまで幾度とない災害を、人類は科学の力で克服してきたのですから…。



夜行列車の途中でトンネルさえ見えない乗客だと仮定しても、トンネルが過ぎて夜明けになる頃、終着駅のホームに降り立つことができるはずです。



いつまでもトンネル続きの社会情勢が続くことは無いでしょうし、誰しもこの情勢を受けとめています。



もっとも、エネルギー無くして目の前の敵を克服するなど困難です。



脱力すれば、生活していく意欲も失われ、負のスパイラルに陥ります。



克服するということは、相手であったり自分をコントロールすることが求められています。



コロナも相手に含まれるのでしょうが、普通の人がコロナを絶滅に追いやることなど不可能ですから。


 

もし、悲観的にならざるを得ない時に、そうならないように自分を装うということは、自分も制御困難となりかねません。



そのような時は、悲観的になって当然であると割り切り、悲観的になっても損しませんが、そこで自暴自棄に走ることは敗者になるかもしれません。



事業継続又は雇用継続が困難になっても、コロナそのものに法的責任を求めることは困難であり、人では無いコロナそのものを訴えることは不可能だからです。



そうすると、なるようにしかならないと割り切るほか手段が無いようですが、生き抜くしか選択肢は無いのであり、前向きに生きていくしかないのです。



感情に流され理性を失い、周囲の人であったり社会に対して矛先を向けるのでは無く、感情を抑えて理性的になるということです。



日本経済は奈落の底に落ちましたが、いつまでもこの情勢が続き絶望的状況になることは無いと信じたいところです。


長期的に考えると、人の行動によって社会は絶えず変遷し、社会の変遷よって人も変化に迫られ、そうして経済は周期的に回復していきます。



回復までには冷静な闘争エネルギー、対応力・持久性が必要です。



悩むべき時は悩むべきで、自分で答えを探すと、必ず道は開けていきます。



大きな幸福も大きな不幸さえ無く、小さな幸せと小さな不幸ばかりが続く並みの日々であり続けたいといったことです。



現状を解決できず、悲観的になっているような時間を持て余すよりも、コロナショックが下火となった頃の社会をイメージする方がプラス思考になれますし、得策です。



人生の砂時計は限られています。



絶対に、日本は明るい未来に様変わりしていると信じて行動すれば、そのようになるはずです。悲観的になれる暇があるだけ、まだまだ余裕があって恵まれているのです。



地球が終わりを迎える終末時計は、残念ながら〝あと100秒〟のカウントダウンがすでに始まっています。



その頃が到来するまで、何かを探して前へ進むべきです。


「あれ?あの頃流行したコロナは何だったの!?」と、人々はコロナのことなどすっかり忘れ去り、世間が笑い話しであふれかえっていればコロナも終息した頃でしょうが。



〝30年後〟の日本、そして世界はどのようになっているのでしょうか?

                         



神戸市垂水区西舞子1丁目9ー6ラムール西舞子4F

From行政書士リバティ法務事務所https://www.liberty-aso.net/ 



兵庫県対応エリア

 神戸市(垂水区・須磨区・長田区・中央区・兵庫区・北区・西区・灘区・東灘区)、明

 石市、加古郡、西宮市、芦屋市、伊丹市、加西市、西脇市、篠山市、三木市、小野市、

 川西市、尼崎市、三田市、宝塚市、姫路市、加古川市、猪名川町、市川町、福崎町、多

 可町、丹波市、淡路市、洲本市、南あわじ市、神崎郡

大阪府対応エリア

 大阪市、吹田市、豊中市、摂津市、三島郡、茨木市、堺市、高槻市、東大阪市、岸和田

 市、枚方市、寝屋川市、八尾市、池田市、箕面市、豊能郡、能勢町、豊能町、島本町、

 泉大津市、和泉市、高石市、泉北郡、忠岡町、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、大

 東市、門真市、四条畷市、交野市、柏原市、富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市

 、藤井寺市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤阪村、泉南郡、熊取町、田尻町、岬

 町、守口市 





                         written by 行政書士 藤井利仁         

                   


最新記事

すべて表示

休業給付は8割支給

交通事故といった通勤災害により負傷等した場合、療養のため労働に服することができないことがあります。 交通事故により入通院を余儀なくされた場合、事業所の指揮命令によらない災害であるため、使用者には賃金を補償する責任はありませんが、労働基準局が労災保険で賃金補償することになります。 休業給付は、待機3日は支給されませんが、4日以降は、一般的に労働不能である休業認定日について、平均賃金である給付基礎日額

通勤災害が認められる場合

事業所において就労する場合、交通事故のリスクを避けることはできません。 職場における災害に限らず、事業所と住居との往復における交通事故についても、通勤災害として労災保険の対象となることがあります。 確かにテレワークは普及してはいますが、住居から事業所に通勤することは日常的であり、通勤途上において、偶発する交通災害の当事者又は第三者となることがあります。 そもそも通勤とは、住居と就業場所との間の移動

労災保険が適用される場合

事業を経営する上で、人事総務に関する知識は不可欠です。 事業所において災害が発生した場合、労災保険が適用されるには、事業所において雇用されており、賃金を支払われている労働者であることが必要です。 このため、事業主によって指揮命令を受けており、就業規則にしたがって他の労働者と同様の態様で就労しており、賃金を受けている場合の同居の親族(6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族)の方の災害は、労災対象とな

Liberty Administrative Scrivener Office

    街に身近な社外法務部をめざします

TEL : 078-785-7828​

​お急ぎの方は​​ 080-4564-3415

E-mail:light-purple@outlook.com

行政書士リバティ法務事務所